高齢社会となっている現代…寝たきりになる方が増えており、その時期は年々長くなっている傾向にあります。

その原因として多く挙げられているのが「骨粗鬆症」です。

人の骨は定期的に生まれ変わっており、健康的な骨は劣化した部分を「壊す力」と新しく骨を「作る力」のバランスが整っています。

しかし様々な影響を受け壊す力の方にバランスが傾いてしまうと、新しい骨を作ることが間に合わず骨がもろくなり骨粗鬆症になってしまうのです。

最近では若い方の骨粗鬆症も増えており、原因によって「原発性骨粗鬆症」と「続発性骨粗鬆症」に分類されています。

骨粗鬆症をしっかりと治療するためにも、まずは骨粗鬆症の種類についてしっかりと知っておきましょう。

原発性骨粗鬆症

原発性骨粗鬆症の原因は加齢だけでなく閉経によって女性ホルモンが減少することが大きな影響となっています。

女性ホルモンが低下すると骨に蓄えられたカルシウムが流れだしてしまい、スカスカになりやすくなるため女性に多い病気でもあるのです。最近では妊娠後に骨粗鬆症を発症する方も増えているので日頃の食生活でしっかりと意識して骨の健康を意識することが大切です。

また、骨は適度な負荷がかかることでより頑丈になる性質があるため、運動不足の方は意識して日常生活に運動を取り入れましよう!

毎日エスカレータを利用している方は階段に変えてみるなど、日々の生活で無理なく続けられることから取り入れていきましょう。

日常的に煙草を吸ったり飲酒が多い方も骨粗鬆症になりやすいので、発症する前に改善しておきましょう。

続発性骨粗鬆症

続発性骨粗鬆症は病気や治療に使用している薬の影響で発症します。

特に生活習慣病の影響は大きく、肥満、高脂血症、糖尿病、癌、循環器病での発症が多いとされています。

骨を作る上で必要な細胞が減少したり、密度の低下や質の劣化を引き起こすため骨折しやすくなってしまいます。

また、関節リウマチや気管支喘息、慢性副腎皮質機能不全などの疾患に使用されている「ステロイド薬」を長期使用と副作用により骨粗鬆症を引き起こしてしまうことがあるため、使用する際は注意することが大切です。

骨粗鬆症は原因によって分類されるため自分に合った治療や改善をすることが大切です。

まずは、日々の生活の中で改善できる事はないか、見直し改善していきましょう。