手のむくみは、足や顔のむくみと同じで体質や生活習慣の影響が大きいと言われ、肝臓や腎臓の病気が原因によるむくみの場合もあります。手がむくむと、指輪が抜けにくくなったり、指を動かすときに違和感やだるさがあり力が入りにくいなどの症状が起こります。今回は、むくみの原因と対処法についてご紹介します。

手のむくみの原因

・アルコールの摂りすぎ
・塩分の摂りすぎ
・長時間同じ姿勢でいること(立ち・座り)
・栄養不足
・運動不足
・冷え
・睡眠過多
・スマートフォン依存
・自律神経の乱れ

このように、手がむくんでしまう原因として上記のようなことが考えられます。

手のむくみの対処法

・水分補給

体内に水分が過剰に溜まった状態でも、水分摂取を控えるのは逆効果です。体内では、水分量の不足を察知すると水分を外へ逃がさないように働くので、むくみを助長します。だから、むくまないようにするには、小まめに水分補給をすることをおすすめします。

・適度な運動

長時間に及ぶデスクワークなどで、手指を動かす筋肉が硬くなり緊張してしまいます。むくみを改善するには、その要となる筋肉を刺激し、血管・リンパ管の循環をスムーズにすることで老廃物を効率よく排出できるように促しましょう。また、ストレッチをして筋肉の柔軟性を高めることができるのでお風呂あがりなどにストレッチをする習慣をつけていきましょう。
また手のむくみを解消する方法として下記のようなストレッチやマッサージが効果があります。

・手のグーパー運動

手を上にあげ、手を握りグッと力を込めて3秒キープ。

・ツボ指圧マッサージ

手の指と指の付け根が交わるくぼみ部分に合谷というツボがあります。
反対側の親指と人差し指で挟み込むようにして、約3秒間気持ちいい程度の強さで押さえましょう。
これを5本の指のくぼみ部分で順番に行います。

・指の指圧、マッサージ

できればハンドクリームを塗り、しっかり馴染ませてマッサージすることをおすすめします。
指先を持って軽く引っ張るようにし、爪の付け根部分で優しく指圧しましょう。
気持ちいい程度の強さで手のひら全体をマッサージしましょう。

指のむくみを解消するために指の運動やマッサージにより指先の血流を改善して、水分の循環を良くすることが大切になります。上記のような方法でも、毎日習慣づけて行うことにより解消されるのでおすすめです。手のむくみの原因と対処法